"思わず移住したくなる"

市内を中心とした和歌山の街情報サイト。

訪問のきっかけとなるイベント・メディア・ゲストハウスなどを紹介します。

 

EVENT 

常に何かしら開催しているオープンなイベントスペースや、月1や年1の企画情報まで。オススメのイベント一覧。


「和歌山に面白い人がもっと増えたらいいな...」

「もっと帰省しやすい環境になったらいいな...」

ゲストハウスと映画が好き過ぎる、Uターン&二拠点暮らしのアラサー女性ふたりが、気まぐれに開催している県内外をつなぐ交流イベント。昨年大盛況だった年末企画を今年も開催いたします!

 

第7回 2017年12月29日(土)19:00-21:00

会場:本屋プラグ和歌山市万町4

アクセス:南海「和歌山市駅」から徒歩約10分

参加費:4000円(食事+飲み放題付き)

申込:Facebookページで参加ボタン、

   またはお問い合わせからご連絡を。

PLUG


毎週イベントを多数開催している、和歌山市にあるブックカフェ&シェアキッチン。地域のハブとなる交流スポット。読書会やビール研究会など、Facebookから気軽に申し込めます。

ポポロハスマーケット


毎月第2日曜に和歌山市のぶらくり丁で開催される、“てづくり”と“ロハス”にこだわったマーケットイベント。雑貨や有機野菜、素材にこだわったフードやドリンクなどの出店多数。

ARCADE


年に2日間、海南駅前の広場に突如現れる仮想商店街。理想の街の縮図を提案する、屋外マーケット企画です。出店数約40店舗・来場者数約1万人。音楽ライブを併設して実施したことも。


MEDIA

新しい視点で和歌山を伝えようとしている、和歌山在住者が運営するオススメのメディア一覧。


ARCADE タブロイド


ARCADEチームが企画しているオリジナル新聞。和歌山を新たな視点で編集、理想の街の縮図を提案するタブロイド。実物は新聞サイズの紙媒体ですが、オンラインデータでも閲覧可。

ワカヤマチック


和歌山大学観光学部の出身者たちが主となって運営しているブログ。かつて映画館の中にあった純喫茶の訪問レポートなど、身近にあるのに見落としていた和歌山の魅力を実体験で再発掘!

 

Wakayama Days


和歌山市内を中心とした、超最新の注目情報を、Facebookをメディア化して随時配信。大阪から家族で移住した30代男性が一人で運営されています。抑えどころが網羅されていてスゴイ。


和歌山経済新聞


広域和歌山圏のビジネス&カルチャーニュースを発信するサイト。和歌山を拠点に活躍するプロライターも多く関わっています。街で今何が起きているか?の最新情報がキャッチできます。

まいぷれ和歌山


和歌山の観光業界で有名な会社さんが派生して運営されているので、情報のバリエーションが豊か。親子向けのイベント情報や子育て支援情報も多く、特にファミリーにおすすめのサイト。


HOSTEL

よし!じゃあ和歌山に一度行ってみよう!でもどこに泊まったらいい?そんな時にぜひオススメしたい宿一覧です。


Guesthouse RICO


和歌山市にあるゲストハウス。事務所兼共同住宅だったビルをリノベーション、相部屋と個室で構成される宿に。1階ラウンジでは、旅人や町人たちが楽しそうに交流。屋上もあります。

macomo


和歌山市のぶらくり丁商店街にある、1組限定のプライベートな貸切宿。1階には石窯ポポロという、オーガニック野菜と石窯ピザが人気の飲食店が併設されています。 近隣には温泉施設も。


ABOUT


和歌山移住計画について

ここ2-3年、和歌山という街は

なにやら面白いことになってきました。

 

東京や大阪で働いた30代40代の人たちが

近年続々と、Uターン・Iターンで移住して

和歌山を拠点に、新しい暮らしをつくっています。

 

みかん倉庫をリノベーションした珈琲屋、

地域のハブとなっているシェアキッチン、

旅人と町人が交流するゲストハウスなど。

 

そんな和歌山の楽しい変化を

実際U・Iターンした顔ぶれも多く交えつつ

ゆるやかにお届けしたいと思っています。

 

*2016.12.08 サイトをリニューアル!

はじまりは2015年のイベント


2015年11月に開催したイベントをきっかけに、和歌山移住計画がはじまりました。

『京都移住計画×佐賀移住計画から学ぶ“私にできる移住促進”とは?和歌山開催のイベントレポート』